納豆の作り方

◆用意するもの
▽ 大豆 (圧力鍋の容量をよく考えてから、適量を水に浸す)
▽ 納豆菌(市販の納豆を利用しても良い。東急ハンズで購入できる)
▽ 圧力鍋(あるいは蒸し器、あるいは鍋)
▽ ボール(大豆を浸す)
▽ タッパーなど(大豆を発酵させるための容器)
▽ 発泡スチロールの箱(タッパーとペットボトルを収納する)
▽ ペットボトル(1〜2リッター:円筒形のものより四角い方がよい)
▽ 温度計(発泡スチロール箱の内部温度を計測します)
▽ 漏斗


◆作り方
@大豆を洗って、水に浸します。大きめのボールにたっぷりの水で浸して下さい。夏なら数時間、冬なら半日くらい置くと充分水を吸います。

A大豆を蒸します。蒸し器がなければ茹でます。ただし茹でると味がちょっと落ちるようです。蒸すことを強くお奨めします。

B納豆菌の準備をします。大豆1kgに対し、耳かき2杯くらいで充分です。(納豆菌は温度が適切であると、30分で2倍に増殖するそうです。)これを大匙2杯分程度の熱湯で溶きます。

Cペットボトルに50度くらいのお湯を入れます。大豆1kg仕込むなら、2リッターを2本用意すれば良いでしょう。発泡スチロールの箱に入れて置いて下さい。

D大豆の蒸し上がりは個人差があります。一般に、大豆は一粒を親指と人差し指で、簡単に押しつぶせる様であれば、蒸し上がりです。普通の蒸し器だと5〜6時間くらいかかるかもしれません。

E蒸し上がった大豆に納豆菌をかけます。大豆が熱いうちに、均等に全体に行き渡るようにかけます。

F用意した器に移します。空気に接する事が重要なので、浅く盛るようにします。2cm位までとして下さい。タッパーの蓋は透き間が空くように乗せて下さい。割り箸などを渡して、蓋を浮かせても良いし。蓋を90度ずらして置いても結構です。

G容器を発泡スチロールの箱のペットボトルの上にセットします。発酵のための温度は42度が理想といわれてますが、30度台になると発酵が著しくスローダウンします。はじめは45〜50度くらいがよいでしょう。40度を切ったら、ペットボトルのお湯を交換して下さい。 また、 3〜5時間おきくらいに発砲スチロール箱の蓋を開け空気を入れてください。

普通は半日から1日置けば納豆になります。表面に白い膜が見え出来上がりです。冷蔵庫に入れて冷やすと更に熟成して美味しくなります。


参考HP:『納豆の作り方』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。