干し納豆とは



糸引き納豆の加工品の一つ。

糸引き納豆に塩、小麦粉もしくは片栗粉をまぶして、干した納豆。
干す期間の違いで生干し納豆もあります。

今では機械で天日干しの状態にする製法が主流になっていますが、
やはり太陽の熱で乾燥させたものが一番おいしいといわれています。

1年程日持ちし、乾燥させても納豆菌が生きていることから健康保存食として知られています。

食べ方としてはそのまま食べるほか、湯につけてもどす、お茶漬けにするなどがあります。

参考HP:
『納豆学会』
『ウィキペディア(Wikipedia)』
『つくば納豆製造本舗』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。