五斗納豆とは

『五斗納豆』は山形県の米沢を中心に作られています。
現在では、塩分を控えめにして『雪割納豆』とも呼ばれます。

作り方は、大豆の表皮を取り除いて2つに割り、麹菌と塩を加えて長い時間かけ熟成させます。
そうすると、塩味が強く、とてもネバネバした納豆が出来上がります。

名前の由来は2つあります。
・五斗入る大樽で仕込んだ説
・材料を五斗使ったことから名前が付いた説
です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。