甘納豆とは(余談)



『甘納豆』は、納豆の一種ではありません。

時は江戸時代までさかのぼります。
ある和菓子屋が小豆などの豆をゆでて、糖みつで煮つめ、砂糖をまぶしたお菓子を作りました。
このお菓子の名前は何にしようかと考えたところ、色や形が『浜名納豆(はまななっとう)』に似ているではないかと思い、『甘名納糖(あまななっとう)』と名付けたそうです。
それが、だんだん〈あまなっとう〉と言うようになり、戦後にはいつのまにか、〈甘納豆〉になっていたそうです。


というわけで、『甘納豆』は、納豆菌を使っていないため、ネバネバもしないし、納豆のにおいもしないのです。
名前だけの『納豆』です。
しかし、大阪では、納豆と言えば甘納豆を指す場合もあるそうです。


参考HP:『納豆ホームページ10』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。